教育方針

ますます進む国際化社会。近い将来、今まで以上に外国語を使う機会が増え、コミュニケーション手段としても2か国語が話せて当たり前の時代がやってくるのではないでしょうか。

そんな世の中の流れの中、お子様に、将来困らないようにと外国語を小さいころから習わせている親御様も多いことでしょう。

ただ、小さいころから外国語を習っていたから、教室に通っていたからといって、果たしてどれくらいの子供たちが、将来コミュニケーション手段として一生もののツールを手に入れられるか、は疑問が残ります。

日本に住みながら、本当に使える外国語を身に着けるのはとても難しいのが現状です。

「習う」から「過ごす」への発想転換

私たちは外国の子供たちがどのように自然と言葉を身に付けるか、という視点で、外国語を「習う」から、外国語環境で「過ごす」ことを最も重視し、母語を習得するように外国語に触れてもらいたい、と考えました。



アイデンティティーを大切にします

昨今、外国さながらの環境で一日を過ごす、インターナショナルスクールが人気を集め、興味をお持ちのご家庭も多いと思います。

しかし、現実的には、経済面でも大きな負担となることや、日本で日本の教育を受けずに育つ子供の将来を考えると、実際にインターナショナルスクールへの入学を決断するのはとてもハードルの高いことかもしれません。

私たちは、日本に生まれ、日本文化がしっかりと身に付いた国際人としてのアイデンティティも大切にしたいと考えます。

普段は日本の幼稚園や学校に通いながら、放課後や週末にはたっぷりと外国語環境で過ごす。メリハリと、バランスのとれた生活の中で、お子様が心身ともに健やかに成長されることを願い、私たちがその一助となれば幸いです。



同年代の子供たちとのコミュニケーションを重視します

言葉はコミュニケーション手段です。ただ、たくさんの単語を知っている、決まったフレーズを知っている、というだけでは、それをどのように使うのか、活かすのか、実生活の中で役立つものでなくてはあまり意味がありません。

ある一定の知識を持っているお子様でも、日常生活の何気ない会話のすべてを操れるわけではありません。なにより、子供には子供の人間関係があり、子供同士でのやりとりは切っても切り離せないものです。

しかも、子供でいる時間はそう長くはありません。幼児期、学童期にふさわしい言葉の使い方は、大人になってからはほとんど学ぶことはありません。

幼少期から同年代の子供たちと共に過ごし、歳相応の言葉に触れ、年齢と共に言葉も成長していくのが自然であり、母語を習得することを難しいと感じないまま大人になることと同じ、まさに理想的な言語環境と言えます。

もちろん、一人ひとりのレベルに応じた充実のレッスン内容

同年代の子供たちと一緒に過ごす時間を大切にするとともに、一人ひとりのお子様のレベルを記録し、ふさわしいレベルにあったアクティビティーを取り入れていきます。

お子様は好奇心旺盛です。新しいことが1つ、また1つと増えるたび、知識欲を駆り立てます。何かを達成した喜びは、満足感とともに、自信にもつながります。

私たちは、お子様の成長を、ともに喜び、味わう気持ちで向き合っていきたいと考えています。

一人ひとりが主役になれる場所でありたい

積極的な子ばかりが目立ち、おとなしい子がうもれてしまう。集団レッスンではありがちな光景ですが、それは語学教室として、いい教室と言えるでしょうか。私たちは一人ひとりのお子様とのコミュニケーションを大切にします。

すべてのお子様に平等に発話の機会をつくり、話すこと、聞くことの大切さも伝えていきます。



Jccc 教室